最新情報

第5回 燃焼工学講座のご案内(2018/8/17)
日本燃焼学会 講義企画委員会
委員長 高林 徹
常日頃よりの当学会へのご理解、ご協力に深く感謝いたしております。
第5回の燃焼工学講座を下記のとおり開催いたしますので、社内や学内の若手の方などもお誘いいただき、ぜひご参加いただきたくお願い申し上げます。

◆日時 2018年10月5日(金) 12時30分〜19時00分
12:30〜12:40 事務連絡
12:40〜14:10 『触媒燃焼』 金沢大学 榎本啓士 准教授
14:20〜15:50 『燃焼計測』 山梨大学 舩谷俊平 准教授
16:00〜17:30 『燃焼制御技術』 東京大学 山崎由大 准教授
17:30〜19:00 懇親会
◆会場 マツダR&Dセンター横浜
〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町2-5
JR京浜東北線・新子安駅より徒歩15分
京浜急行・子安駅より徒歩7分
http://www.mazda.com/ja/about/profile/access/rd-yokohama/
◆参加費 
 維持会員・一般会員 \5,000-
 学生会員 \3,000-
 会員外 \10,000- (当日会員登録していただければ上記会員費用が適用されます)
◆定員 100名 定員に達しました段階で締め切らせていただきます。
◆申込方法 下記返信欄に必要事項をご記入の上、日本燃焼学会事務局へご返信ください。
◆問合せ先 日本燃焼学会事務局:office@combustionsociety.jp

――――――「燃焼工学講座」申込書――――――
2名以上申し込まれる場合はコピーしてご使用ください。
会社名:
部署名:
参加者氏名:
参加者氏名ふりがな:
第1,2,3,4回への講座の参加:有・無
※有の方で下記の内容の変更が無い方は、下記の記入は不要です。
会員資格: 維持会員・一般会員・学生会員・会員外
連絡先(メールアドレス):
所属の郵便番号:
所属の住所:
領収書宛名(当日お渡しいたします):
領収書摘要欄:第5回燃焼工学講座 受講料として

教員公募のご案内(滋賀県立大学工学部ガラス工学研究センター)(2018/3/23)
1.募集人員:助教 1名
2.所  属:工学部 ガラス工学研究センター ガラス製造プロセス工学講座(寄付講座)
 (工学部 機械システム工学科 エネルギーと動力分野 兼務)
3.専門分野:熱機関工学,燃焼工学,およびその関連分野.
5.応募資格:
 (1) 博士の学位を有するか,着任時までに取得見込であること.
 (2) 熱機関工学,燃焼工学の専門分野に研究実績があること.
 (3) 新しい研究分野の開拓に意欲がある方.
 (4) ガラス工学研究センターの活動に携われる方.
6.着任時期:応募締切後,平成31年4月1日までのできるだけ早い時期.
8.任期:3年(再任制度あり)
10.応募締切:平成30年 6月29日(金)必着
12.書類提出先・問い合わせ先:
〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500
滋賀県立大学工学部機械システム工学科 平成30年度学科長 奥村 進(ガラス工学研究センター長代理)
電話:0749-28-8395, e-mail:okumura_AT_mech.usp.ac.jp("_AT_"を"@"に変更して送信ください.)

詳しくはこちらをご覧ください.


平成30年度「きぼう」利用フィジビリティスタディ(FS)テーマ及びマウスサンプルシェアテーマ募集(2018/8/17)
宇宙航空研究開発機構では、国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の船内環境の特徴を最大限に活用して、国の科学技術イノベーション政策への貢献や自由な発想に基づく独創的かつ先導的で国際的に高い水準の研究を推進するため、FSテーマを募集しています。また、これまでにISS・「きぼう」で実施されたマウス飼育実験での未解析組織等を対象として、「きぼう」利用の裾野拡大及び軌道上実験での未解析試料の有効活用を目的としてマウスサンプルシェアを行う研究提案を募集いたします。
1.募集の名称:
平成30年度「きぼう」利用フィジビリティスタディテーマ、及びマウスサンプルシェアテーマ募集
2.募集の締め切り:2018年9月30日(日)
3.募集の対象
■国の戦略的研究募集区分:
・「きぼう」を使ったヒトの加齢に関連する研究
■一般募集区分:
・物質・物理科学分野
・生命医科学分野
・生命医科学分野特定課題(発光を利用したマウス遺伝子機能解析装置を利用したテーマ提案)
■マウスサンプルシェアテーマ募集区分:
宇宙実験を実施したマウスの未解析組織等を使用する研究テーマを募集しています。
詳細は、宇宙航空研究開発機構のホームページを参照して下さい。
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/participation/application/2018_kibo-utilization-theme.html
4.お問い合わせ先:
 一般財団法人 日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部
 「きぼう」利用テーマ 募集係
E-mail: kiboexp@jsforum.or.jp

研究助成のご案内(平成31年度日本ボイラ協会ボイラー・圧力容器等研究助成)(2018/8/17)
 一般社団法人日本ボイラ協会では,ボイラー・圧力容器の安全,省エネ及び地球環境保全の一層の推進に資するため,ボイラー・圧力容器に関連した調査研究に対して助成を行っています。
申し込み期限 平成30年10月1日から11月30日(11月30日必着)

詳しくはこちらをご覧ください.

教員公募のご案内(北海道大学大学院工学研究院エネルギー環境システム部門)(2018/7/25)
1. 募集人員 教授 1名
2. 所  属 エネルギー環境システム部門 応用エネルギーシステム分野
(エネルギー変換システム研究室)
3. 専門分野 熱エネルギーの変換・利用(例えば反応を伴う熱と物質の移動、環境低負荷型エネルギーシステム、高速燃焼、燃料電池システムなど)に関する研究分野を対象とする。
5. 応募資格 着任時に博士の学位またはPh.Dを保有し、国際的視野に立って新しい研究分野を切り開く意欲と能力を有するとともに熱意を持って教育に取り組む方。
6. 採用予定 平成31年4月1日以降のできるだけ早い時期
7. 試用期間 3ヶ月
13. 提出期限 平成30年10月19日(金)必着
16. 応募書類の送付先および問合せ先
 送付先:〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目  北海道大学工学系事務部
 総務課(人事担当) TEL: 011-706-6156、6117、6118
 問合せ先:〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
 北海道大学大学院工学研究院エネルギー環境システム部門
 選考委員長 小川 英之(ひでゆき)、TEL: 011-706-6434
 FAX: 011-706-6383、Email: h-ogawa@eng.hokudai.ac.jp

詳しくはこちらをご覧ください.

第56回燃焼シンポジウム一般講演受付(7/2〜18)(2018/7/3)
第56回燃焼シンポジウムの一般講演の受付を,シンポジウムのウェブサイトにて開始いたしました. 皆様のお申込みをお願い申し上げます.なお,受付期限 7月18日(水)と設定しております. 期限まであまり時間がございませんが,ご理解を賜りますようお願い申し上げます.
講演申込は,第56回燃焼シンポジウムWebサイトから.

第12回アジア・太平洋燃焼学会(ASPACC 2019)のご案内(2018/6/25)
 本国際会議は,アジア・太平洋地域における関係者の情報交換を促進することで,燃焼の科学と技術の発展に貢献することを目的に,隔年で開催されており,今回も海外を含め500名以上の参加者が見込まれております.皆さまの積極的な講演申込み,ご参加を心よりお待ちしております.

1. 会期:2019年7月1日(月)〜5日(金)
2. 会場:福岡国際会議場(http://www.marinemesse.or.jp/congress/
3. スケジュール
 論文投稿締切:2019年1月25日
 論文採択通知:2019年4月1日

詳細は,ASPACC2019 webページをご覧下さい.

教員公募のご案内(東京農工大学大学院工学府機械システム工学専攻)(2018/5/31)
1. 募集人員  准教授 2名
2. 着任時期  2019年1月1日以降の出来るだけ早い時期
3. 雇用形態  常勤職員(任期有)
4. 試用期間  原則3か月間
5. 任期  着任後5年
6. 専門分野 熱工学,材料力学,宇宙工学
8. 応募資格  博士の学位を有すること.学位取得後6年以内
9. 勤務地  東京農工大学小金井キャンパス(東京都小金井市)
12. 応募締切  2018年8月17日(金)17時必着.
14. 問合せ先・書類提出先
 〒184-8588 小金井市中町2-24-16
 東京農工大学 大学院工学府 機械システム工学専攻 小笠原 俊夫
  E-mail: ogasawara@m2.tuat.ac.jp 電話・FAX (042)388-7706

詳しくはこちらをご覧ください.

夏季研究会(夏の学校2018)参加者募集(2018/05/31)
2018年度担当幹事
豊橋技術科学大学 松岡 常吉
日本燃焼学会では,主に若手の研究者・技術者および学生を対象とした研究会を例年夏季に開催しております.今年度は「明日使える計測技術」と題し,愛知県蒲郡市で開催致します.研究を進めていく上でぜひとも押さえておきたい「計測の基本」についてのご講演と,火災鑑定や日本燃焼学会論文賞の受賞された研究に関するご講演を予定しております.
これからの研究に役立つノウハウを学び,かつ2日間の交流を通じてモチベーションを高める絶好の機会になることと思います.
皆様のご参加を心よりお待ちしております.

1)会期:2018年(平成28年)8月30日(木)〜 8月31日(金)
2)会場:ホテル三河 海陽閣 (http://www.kaiyoukaku.com/)
3)スケジュール
 8/30(木)13:00 受付開始,13:50 講演開始
 8/31(金)11:30 解散
6)参加申込締切
 2018年7月27日(金)

申込方法等,詳しくは夏季研究会HPをご覧ください.

教員公募のご案内(慶應義塾大学理工学部機械工学科・大学院理工学研究科開放環境科学専攻)(2018/5/22)
1.募集人員:准教授または専任講師 1名
2.所  属:学部は機械工学科、大学院は開放環境科学専攻(環境エネルギー科学分野)
3.専門分野:機械工学をベースとして熱工学関連分野において先進的な研究を行う方。
5.応募要件:博士の学位を有し,教育担当に必要な日本語の能力が十分な方。
6.着任時期:2019年4月1日
8.応募締切:2018年8月3日(金)10:00 必着
10.書類送付先および問合せ先
〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3−14−1
慶應義塾大学理工学部機械工学科主任 泰岡顕治
E-mail:yasuoka@mech.keio.ac.jp
電話:045-566-1523(直通)

詳しくはこちらをご覧ください.


Combustion Institute(CI)からのBernard Lewis Fellowship募集のご案内 (2018/05/01)
CIより燃焼学会会長(Section Chair)宛に下記の案内が届いております。
これは、学生あるいは若手研究者(学位取得後3年以内)を支援する目的のもので、第37回国際燃焼シンポジウムで口頭発表に採択されていること、CIの会員(日本燃焼学会会員は自動的にCI会員です)であることが条件です。該当する方は奮ってご応募下さい。

詳しくは、下記のWebサイトをご覧下さい。
https://www.combustioninstitute.org/wp-content/uploads/2018/04/Bernard-Lewis-Fellowship-Call-For-Nominations.pdf

Dear Section Chair,
This is a gentle reminder, the Bernard Lewis Fellowship nomination deadline (17, May 2018) is approaching. You can find the call for Bernard Lewis Fellowship nominations on the CI website. Please contact the office if you have any questions.
Best Regards,

Tina McGough
Website Facilitator / Administrative Assistant
Combustion Institute
office@combustioninstitute.org
info@combustioninstitute.org
CombustionInstitute.org

第56回燃焼シンポジウムのご案内(2018/01/25)
第56回燃焼シンポジウムは,堺市産業振興センター(大阪府堺市)にて,2018年(平成30年)11月14日(水)〜16日(金)の会期で開催予定です.

学会誌の電子ジャーナルJ-STAGEへの掲載(2017/5/11)
日本燃焼学会誌は2016年11月(Vol. 58, No. 186)より,電子ジャーナルJ-STAGEで原著論文,学会活動ノートを無料で閲覧できます.今後は,会員向けに他の記事(パスワード有)も掲載する予定です.また,バックナンバーも順次掲載予定です.学会データベースと合わせて,研究・開発にご活用ください.

・J-STAGEリンク
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jcombsj/-char/ja/

博士課程(博士課程後期課程)会費変更のお知らせ(2016/6/29)
平成28年度の総会で,大学院博士課程(博士課程後期課程)学生(正会員資格)の会費の改正がありました.常勤で就労している場合を除いて,年会費を学生会員の年会費と同額の2000円に引き下げています.
博士課程の学生の入会をお待ちしています.
詳しくは会員及び会費に関する規程から.

女性技術者研究者コミュニティサイト開設のお知らせ(2016/6/27)
 日本燃焼学会では,女性研究者・技術者の交流を通して研究テーマやキャリアパス等の情報交換を促進し,燃焼に関わる女性研究者・技術者層の充実を図る活動の一環として,女性技術者研究者コミュニティのページを開設しました.今後,様々な企画をご案内していきます.
詳しくはこちらから.

特別会員増加キャンペーンのお知らせ(2012/5/18)
日本燃焼学会では,これまでの燃焼シンポジウム(第1回〜第48回)の予稿集の論文検索および閲覧サービスを,特別会員向けに行っております.このたび,特別会員増加キャンペーンとして,一般会員の方にもサービスの一部ご利用していただける企画を始めました.データベースのログインページへアクセスして,以下のIDとパスワードでログインいただくと,アブストラクト検索までの機能がご利用いただけます.

ID: guest
パスワード: guest12

論文閲覧などのフルサービスのご利用を希望される方(特別会員希望の方)は,日本燃焼学会事務局(office@combustionsociety.jp)までメールでお申し込みください.メールの件名には[燃焼学会特別会員申し込み]と記載して頂きますようお願いいたます.
年会費: 10,800円
日本燃焼学会データベース特別会員募集のご案内(2012/5/18)
 日本燃焼学会では,日本燃焼学会が有する著作物をデータベース化し,この有効活用を図ることを目的とした活動を行っております.この度第1回から第48回までの燃焼シンポジウム講演論文集のデータベース化が終了し,論文検索および概要閲覧の限定サービスを一般公開しております.
また,大学および中立研究機関の研究者を対象として,論文の検索およびダウンロードのフルアクセス権を有する特別会員を下記の通り募集致しておりますので,是非ともご加入くださいますようお願い致します.

申込先: 日本燃焼学会事務局(office@combustionsociety.jp)までメールでお申し込みください.メールの件名には[燃焼学会特別会員申し込み]と記載して頂きますようお願い頂きます.
年会費: 10,800円 (単年度単位:4月1日から翌年3月31日まで)

支払い方法: 請求書等の書類を送付させて頂きます.必要書類,お支払い方法等のご相談は事務局にご相談ください.
フルアクセス権の内容: 第1回〜第48回 燃焼シンポジウム講演論文集の検索およびダウンロード(PDFファイル)
検索用サイト: https://www.combustionsociety.jp/db/search/
会員資格: 特別会員へは上記フルアクセス権のログイン名,パスワードを送付致します.フルアクセス権使用は特別会員の所属されている部署(実質的な研究室単位)内に限らせて頂きます.例えば大学の場合,一つのアクセス権を複数の研究室で使用されることはお控えください.
会員資格更新: 一度ご入会頂きますと,毎年会員資格を自動更新し,例年7月頃に請求書を送付致します.
退会手続き: 退会は随時受付致しますが,会費振り込み後に退会のお申し出を頂いた場合には,会費の返金には応じられませんので,その点ご了解ください.

データベースに関するお問合せ,使い勝手に対するご意見等はデータベース委員会(db_admin@combustionsociety.jp)へご連絡頂ければ幸甚に存じます.ただし,HP体裁変更などのご要望には必ずしもお応えできませんので,その旨ご承知おきください.
特別講演パワーポイントファイルの公開について
 平成22年12月に開催されました第48回燃焼シンポジウム(福岡)における特別講演「燃焼における化学反応解析」のパワーポイントファイルを,講演者である越光男先生(東京大学)のご厚意により下記のように公開させていただくことになりました.なお,講演論文は,第48回燃焼シンポジウム講演論文集(2010)pp.S-2-S-5です.
講演資料はこちらからご覧いただけます.

一般社団法人日本燃焼学会の設立のお知らせ
 2010年 6 月 1 日付けで一般社団法人日本燃焼学会が設立されました.
詳しくはこちらをご参照下さい.

お問い合わせは 日本燃焼学会事務局 まで.