最新情報

抜山記念国際賞(2020)公募のお知らせ(2019/9/17)
日本伝熱学会では、2020年の抜山記念国際賞の応募を受けつけております。抜山記念国際賞は、熱科学および熱工学分野における顕著な貢献と顕著な業績に対して、原則50歳未満の研究者・技術者に授与されます。
賞の応募締め切りは2019年12月31日です。この賞は、2020年11月15日〜19日に宮崎で開催される第2回アジア熱科学会議2020(ACTS)で授与されます。受賞者は受賞講演を行います。

応募要項は、次のWebページをご覧ください。推薦書類もダウンロードできます。
http://www.htsj.or.jp/nukiyama
皆様の積極的な応募をお待ちしております。

公募締め切り:2019年12月31日
抜山記念国際賞選考委員会(2020)
委員長
・圓山 重直: 八戸工業高等専門学校 校長; E-mail: maruyama-o@hachinohe-ct.ac.jp
副委員長
・高田 保之: 九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所/大学院工学研究院; E-mail: takata@mech.kyushu-u.ac.jp
委員
・Jhon Richard Thome, Ecole Polytechnique Federale de Lausanne (EPFL), Switzerland; E-Mail: john.thome@epfl.ch
・John H. Lienhard V, Massachusetts Institute of Technology, USA;E-Mail: lienhard@mit.edu
・須賀 一彦: 大阪府立大学大学院工学研究科; E-mail: suga@me.osakafu-u.ac.jp


研究助成のご案内(国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」利用テーマ究助成成)(2019/8/6)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」利用テーマとして、下記の3つのカテゴリについて募集しています。
1.募集対象
●2019年度「きぼう」利用フィジビリティスタディ(FS)テーマ募集
●2019年度「きぼう」利用マウスサンプルシェアテーマ募集
●「きぼう」での静電浮遊炉(ELF)を利用した材料研究テーマ募集【基盤研究利用コース】
2. 募集の締切(各募集)
2019年9月30日(月) 16時(日本時間)
4.お問い合わせ先:
(一財)日本宇宙フォーラム(JSF)宇宙利用事業部
「きぼう」利用テーマ 募集係
E-mail: kiboexp@jsforum.or.jp

詳しくはこちらをご覧ください.


研究助成のご案内(2020 年度日本ボイラ協会 ボイラー・圧力容器等研究助成成)(2019/8/6)
一般社団法人日本ボイラ協会では,ボイラー・圧力容器の安全,省エネ及び地球環境保全の一層の推進に資するため,ボイラー・圧力容器に関連した調査・研究に対して助成を行っています。2020 年度の助成の対象となる研究を募集します。
1 研究助成の対象
ボイラー,圧力容器及びその周辺機器の安全,制御,省エネ,環境負荷低減及び燃焼等に関する分野の調査・研究。
2 助成対象者
3 助成期間
原則,1 年以内。
大学,高専,国・公立研究機関,独法研究機関,民間企業等に所属し,常勤している個人あるいはグループ。
4 助成金の額,助成課題の件数
調査・研究1 件当たりの助成金は300 万円(消費税込み)を限度とし,採択件数は年数件程度。
7 申し込み期間,提出方法
2019 年10 月1 日から11 月30 日 (11 月30 日必着)。

詳しくはこちらをご覧ください.


教員公募のご案内(筑波大学システム情報系構造エネルギー工学域)(2019/7/10)
1.募集分野:筑波大学システム情報系では、AI×フィールドロボティクス分野において、AI技術の活用によるレジリエンス社会の実現を目指す研究および教育を推進しています。その一環として、本公募では熱力学・流体力学等の基礎学問に立脚した研究を展開し、エネルギー分野でAI技術を用いる新しい領域を開拓する意欲のある教員の募集を行います。
2.募集人員:助教1名
大学院(システム情報工学研究科構造エネルギー工学専攻)・学群(理工学群工学システム学類)における教育(担当する授業は熱力学、伝熱工学、流体工学、数値流体力学、計測工学、エネルギー工学等に関連する科目を予定)・研究、社会貢献活動および学内運営業務に意欲的に取り組むことができる方。
3.勤務形態:5年間のテニュアトラック制(※)適用の年俸制教員。筑波大学の就業規則が適用されます。
4.応募資格:博士の学位(着任時期までに取得見込みの場合も可)を有し、専門分野において研究業績があり、組織の一員として職務を意欲的に遂行できる方。
5.着任時期:令和2年1月1日以降のなるべく早い時期
8.応募締切:令和元年8月30日(金) 必着
10.問い合わせ先:
筑波大学システム情報系構造エネルギー工学域 教授 文字秀明
Tel: 029-853-5061 E-mail: monji@kz.tsukuba.ac.jp

詳しくはこちらをご覧ください.

教員公募のご案内(東京電機大学工学部 機械工学科)(2019/7/10)
1. 募集人員:教授もしくは准教授1名
2. 所 属:工学部 機械工学科
3. 専門分野:熱工学および環境工学関連(燃焼・伝熱・熱機関)
4. 担当科目:上記専門分野に関連する学部/大学院の講義、演習、実験(経験に応じて、修士および博士後期課程の研究指導を行う場合があります)
6. 任 期:なし
7. 着任時期:令和2年4月1日
8. 勤 務 地:東京千住キャンパス
10. 応募締切:2019年10月31日(木)必着

詳しくはこちらをご覧ください.

第1回 燃焼工学講座のご案内(2019/6/26)
日本燃焼学会 講義企画委員会
委員長 高林 徹
常日頃よりの当学会へのご理解、ご協力に深く感謝いたしております。
本年度も、燃焼の基礎知識を習得していただくために、燃焼工学講座を企画させていただきました。毎回の構成を、「基礎」「応用」「連載」として変化のある講義を聴くことができるようにしました.本年度の連載はAIを取り上げており、AIを使った最先端の燃焼解析手法を学べるようにしました.
第1回を下記のとおり開催いたしますので、社内や学内の若手の方などもお誘いいただき、ぜひご参加いただきたくお願い申し上げます。

◆日時 2019年9月13日(金)12時30分〜19時30分
12:30〜12:40 事務連絡
12:40〜14:00 『燃焼概論』 東京大学 津江光洋教授
14:10〜15:30 『反応解析』 産業技術総合研究所 松木亮氏
15:40〜16:30 『研究所紹介:東京ガス』 東京ガス 冨永隆一氏
16:40〜17:30 『連載講座AI:人工知能と機械学習の基礎』 東京大学 矢入健久准教授
18:00〜19:30 懇親会
◆会場 トヨタ自動車 東京本社
東京都文京区後楽1丁目4-18
http://www.toyota.co.jp/jpn/company/about_toyota/outline/tokyo_head_office.html
JR総武線 水道橋駅西口より徒歩5分
JR総武線 飯田橋駅東口より徒歩5分
地下鉄東西・南北・有楽町線 飯田橋駅A1出口より徒歩5分
地下鉄大江戸線 飯田橋駅C2出口より徒歩3分
◆参加費 
 維持会員・一般会員 \5,000-
 学生会員 \3,000-
 会員外 \10,000- (当日会員登録していただければ上記会員費用が適用されます)
◆定員 100名 定員に達しました段階で締め切らせていただきます。
◆申込方法 下記返信欄に必要事項をご記入の上、日本燃焼学会事務局へご返信ください。
◆問合せ先 日本燃焼学会事務局:office@combustionsociety.jp

――――――「燃焼工学講座」申込書――――――
2名以上申し込まれる場合はコピーしてご使用ください。
会社名:
部署名:
参加者氏名:
参加者氏名ふりがな:
会員資格: 維持会員・一般会員・学生会員・会員外
連絡先(メールアドレス):
所属の郵便番号:
所属の住所:
領収書宛名(当日お渡しいたします):
領収書摘要欄:第1回燃焼工学講座 受講料として

今後の予定表はこちら

夏季研究会(夏の学校2019@観音寺)のご案内(2019/6/17)
 今年の夏季研究会は初めて四国に渡り,香川県観音寺市の観音寺グランドホテルにて9月5日,6日に開催します.開催地近隣の先生方を講師としてお招きし,石炭/バイオマスのガス化および燃焼,水素燃焼制御,四国におけるガス事業,エンジンシリンダ内の燃焼挙動,また,乱流燃焼の数値計算の話題をご提供頂く予定です.
 皆様のご参加を心よりお待ちしております.

開催日時:2019年9月5日(木)〜6日(金)
会場:観音寺グランドホテル
 〒768-0067 香川県観音寺市坂本町5丁目18-40
 http://www.kanonji-gh.com
参加費:[申込締切 2019年7月31日(水)]

詳しくは下記のリンクから.
http://www.combustionsociety.jp/summer/2019/index.html

教員公募のご案内(豊橋技術科学大学大学院工学研究科 機械工学系)(2019/4/22)
募集人員:教授 1名
所  属:機械工学系 環境・エネルギー分野(環境熱流体工学)
専門分野:熱工学
担当科目:熱力学,熱流体輸送学,応用数学などに関する科目
採用予定時期:平成32(2020)年1 月1 日以降できるだけ早い時期
勤務形態:常勤
応募締切:平成31(2019)年7月31 日(水)(必着)
問い合わせ先:機械工学系 教授 飯田明由
Tel:0532-44-6680,E-mail:iida@me.tut.ac.jp

詳しくはこちらをご覧ください.

第57回燃焼シンポジウムのWebサイトオープン(2019/2/28)
第57回燃焼シンポジウムのwebサイトが開設されました.
http://www.combustionsociety.jp/sympo57/index.html

平成30年度先進的燃焼技術の調査研究報告会のご案内(2019/2/1)
先進的燃焼技術の調査研究委員会
委員長  赤松 史光
拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます.
 さて,日本燃焼学会では毎年,「先進的燃焼技術の調査研究」と題して最新の燃焼技術に関する調査を行っております.この調査研究は,特定の燃焼研究分野において,近年に発表・公表された学術雑誌論文等について各分野の専門家が調査を実施し,その研究・技術開発の動向について検討・評価を行うものです.
 本年度は,「気体燃焼」,「液体燃焼」,「固体燃焼」,「内燃機関の燃焼」,「数値シミュレーション」,「燃焼の計測技術」,「火災・安全」,「燃焼振動・騒音」,「燃焼解析プラットフォーム」の計9分野に関して計180編程度の論文について調査を実施しております.
 そこで,来る3月6日(水)に東京大学本郷キャンパス内におきまして,本調査研究に関する報告会を以下の要領にて開催させて頂きます.本報告会は,平成20年度までは当調査研究にご協力頂いた企業の皆様のみを対象としておりましたが,この報告会に対する高い評価や燃焼研究のさらなる発展を考え、平成21年度より一般会員の皆様にもご参加頂けることとなっております.本調査研究にご興味をお持ちの際には,是非ともご出席下さいますよう宜しくお願い申し上げます.
 つきましては,会場準備の都合上,ご出席頂ける際は,下記返信欄にお名前、ご所属等をご記入の上、2月28日(木)までに日本燃焼学会事務局(E-mail: office@combustionsociety.jp)までEメールにてご返信ください。
 なお,当日発表資料の配布および技術交流会への参加は,調査研究参加企業・団体からの出席者のみとさせていただいておりますのでご了承下さい.また,調査研究に参加されていない維持会員におかれましては,まだ申し込みが可能ですので,ぜひご検討下さい.
以上,宜しくお願い申し上げます.
敬具

日本燃焼学会事務局行き
―――「先進的燃焼技術の調査研究」平成30年度報告会参加申込み――
・ご出席頂ける方のお名前
・ご所属
・ご連絡先
・E-mailアドレス

当日のプログラムはこちら
会場案内

ASPACC2019講演論文投稿締切延長(2月15日)のご案内(2019/1/25)
第12回アジア太平洋燃焼会議(Asia-Pacific Conference on Combustion (ASPACC2019))の講演論文投稿期限は2月15日(金)に延長されました. 皆様奮ってご投稿ください.

・投稿ページ
詳しくは,ホームページ:
http://www.combustionsociety.jp/aspacc19/
をご参照ください.

第57回燃焼シンポジウムのご案内(2018/12/28)
第57回燃焼シンポジウムは,札幌コンベンションセンター(札幌市)にて,2019年11月20日(水)〜22日(金)の会期で開催予定です.

ASPACC2019講演論文投稿受付のご案内(2018/12/22)
第12回アジア太平洋燃焼会議(Asia-Pacific Conference on Combustion (ASPACC2019))の講演論文投稿受付を開始しましたので,案内申し上げます. 多数の論文投稿ならびに会議へのご参加をお待ち申し上げます.
・投稿ページ

講演申込(講演論文集原稿提出)期限  2019年1月25日(金)
申込時に講演論文原稿を提出頂きます.
詳しくは,ホームページ:
http://www.combustionsociety.jp/aspacc19/
をご参照ください.

会 期 2019年7月1日(月)〜5日(金)
会 場 福岡国際会議場
福岡市博多区石城町2-1
URL: http://www.marinemesse.or.jp/congress/

問合先
第12回アジア太平洋燃焼会議実行委員会
E-mail: aspacc19@combustionsociety.jp
学会誌の電子ジャーナルJ-STAGEへの掲載(2017/5/11)
日本燃焼学会誌は2016年11月(Vol. 58, No. 186)より,電子ジャーナルJ-STAGEで原著論文,学会活動ノートを無料で閲覧できます.今後は,会員向けに他の記事(パスワード有)も掲載する予定です.また,バックナンバーも順次掲載予定です.学会データベースと合わせて,研究・開発にご活用ください.

・J-STAGEリンク
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jcombsj/-char/ja/

博士課程(博士課程後期課程)会費変更のお知らせ(2016/6/29)
平成28年度の総会で,大学院博士課程(博士課程後期課程)学生(正会員資格)の会費の改正がありました.常勤で就労している場合を除いて,年会費を学生会員の年会費と同額の2000円に引き下げています.
博士課程の学生の入会をお待ちしています.
詳しくは会員及び会費に関する規程から.

女性技術者研究者コミュニティサイト開設のお知らせ(2016/6/27)
 日本燃焼学会では,女性研究者・技術者の交流を通して研究テーマやキャリアパス等の情報交換を促進し,燃焼に関わる女性研究者・技術者層の充実を図る活動の一環として,女性技術者研究者コミュニティのページを開設しました.今後,様々な企画をご案内していきます.
詳しくはこちらから.

特別会員増加キャンペーンのお知らせ(2012/5/18)
日本燃焼学会では,これまでの燃焼シンポジウム(第1回〜第48回)の予稿集の論文検索および閲覧サービスを,特別会員向けに行っております.このたび,特別会員増加キャンペーンとして,一般会員の方にもサービスの一部ご利用していただける企画を始めました.データベースのログインページへアクセスして,以下のIDとパスワードでログインいただくと,アブストラクト検索までの機能がご利用いただけます.

ID: guest
パスワード: guest12

論文閲覧などのフルサービスのご利用を希望される方(特別会員希望の方)は,日本燃焼学会事務局(office@combustionsociety.jp)までメールでお申し込みください.メールの件名には[燃焼学会特別会員申し込み]と記載して頂きますようお願いいたます.
年会費: 10,800円
日本燃焼学会データベース特別会員募集のご案内(2012/5/18)
 日本燃焼学会では,日本燃焼学会が有する著作物をデータベース化し,この有効活用を図ることを目的とした活動を行っております.この度第1回から第48回までの燃焼シンポジウム講演論文集のデータベース化が終了し,論文検索および概要閲覧の限定サービスを一般公開しております.
また,大学および中立研究機関の研究者を対象として,論文の検索およびダウンロードのフルアクセス権を有する特別会員を下記の通り募集致しておりますので,是非ともご加入くださいますようお願い致します.

申込先: 日本燃焼学会事務局(office@combustionsociety.jp)までメールでお申し込みください.メールの件名には[燃焼学会特別会員申し込み]と記載して頂きますようお願い頂きます.
年会費: 10,800円 (単年度単位:4月1日から翌年3月31日まで)

支払い方法: 請求書等の書類を送付させて頂きます.必要書類,お支払い方法等のご相談は事務局にご相談ください.
フルアクセス権の内容: 第1回〜第48回 燃焼シンポジウム講演論文集の検索およびダウンロード(PDFファイル)
検索用サイト: https://www.combustionsociety.jp/db/search/
会員資格: 特別会員へは上記フルアクセス権のログイン名,パスワードを送付致します.フルアクセス権使用は特別会員の所属されている部署(実質的な研究室単位)内に限らせて頂きます.例えば大学の場合,一つのアクセス権を複数の研究室で使用されることはお控えください.
会員資格更新: 一度ご入会頂きますと,毎年会員資格を自動更新し,例年7月頃に請求書を送付致します.
退会手続き: 退会は随時受付致しますが,会費振り込み後に退会のお申し出を頂いた場合には,会費の返金には応じられませんので,その点ご了解ください.

データベースに関するお問合せ,使い勝手に対するご意見等はデータベース委員会(db_admin@combustionsociety.jp)へご連絡頂ければ幸甚に存じます.ただし,HP体裁変更などのご要望には必ずしもお応えできませんので,その旨ご承知おきください.
特別講演パワーポイントファイルの公開について
 平成22年12月に開催されました第48回燃焼シンポジウム(福岡)における特別講演「燃焼における化学反応解析」のパワーポイントファイルを,講演者である越光男先生(東京大学)のご厚意により下記のように公開させていただくことになりました.なお,講演論文は,第48回燃焼シンポジウム講演論文集(2010)pp.S-2-S-5です.
講演資料はこちらからご覧いただけます.

一般社団法人日本燃焼学会の設立のお知らせ
 2010年 6 月 1 日付けで一般社団法人日本燃焼学会が設立されました.
詳しくはこちらをご参照下さい.

お問い合わせは 日本燃焼学会事務局 まで.